People. 10 [後編] アートディレクター/ グラフィックデザイナー 岩本光平さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

People. 10 [後編] アートディレクター/ グラフィックデザイナー 岩本光平さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

 トロント生活に慣れた頃、デザインを通して「コミュニケーション」する相手のことをもっと知る必要があると強く感じました。そこで実際にトロントに住む人に話を聞いて深堀をすると今のトロントが可視化できると思い友人と「t.+」と

ワーホリ・学生必見!1/27 タックスリターン代行申請セミナー | IACEトラベルZOOM無料セミナー

ワーホリ・学生必見!1/27 タックスリターン代行申請セミナー | IACEトラベルZOOM無料セミナー

タックスリターンの季節がやってきました。カナダにいるワーホリの方や学生、またコロナの影響で日本に帰国した方々にも必見のタックスリターンセミナーです。 タックスリターンの代行申請のサポート(有料)をしているIACEトラベル

People. 10 [前編] アートディレクター/ グラフィックデザイナー 岩本光平さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

People. 10 [前編] アートディレクター/ グラフィックデザイナー 岩本光平さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

 “Jane×Finch”ここが渡航後初めの1ヶ月間ホームステイした土地。トロントで有名な治安の悪いエリアでした。海外経験の少なかった僕は「これがカナダかぁ」と思いながら学校行きのバスに乗っていたことが懐かしい。  約2

People. 9 [後編] 株式会社アタッチメント 販売部 銀座店店長 松永芳真さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

People. 9 [後編] 株式会社アタッチメント 販売部 銀座店店長 松永芳真さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

 「うちは根性がない⼦はすぐ辞めていっちゃうから」と⾯接で⾔われた⾔葉がずっと頭の中に残っていた。実際私が働き始めてからの1ヶ⽉の間に、3⼈は逃げてしまうアルバイトがいた記憶がある。  「1度始めたことは、最低3年は諦

People. 9 株式会社アタッチメント 販売部 銀座店店長 松永芳真さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

People. 9 株式会社アタッチメント 販売部 銀座店店長 松永芳真さん|カナダワーホリを超えて30代になった今

海外に行ったからといって、学ぶものは必ずしも語学や異文化でなくても私は大いに結構だと思う  ワーキングホリデーでトロントに行ったら、語学学校で手っ取り早く英語を習得し、日本人とは関わらずに現地人だけと交流し、現地採用の

最後のバックアップはいつ?どうするデータ紛失予防!|カナダのけーたい屋さんが教えてくれる“海外携帯電話事情”

最後のバックアップはいつ?どうするデータ紛失予防!|カナダのけーたい屋さんが教えてくれる“海外携帯電話事情”

携帯データのバックアップ、最後にしたのはみなさんいつか覚えていますか?ご来店頂くお客様にも、データのバックアップをしていなかった為に大変お困りになられる方がいらっしゃいます。大事な写真、電話帳データ、取引先とのやりとり、

People. 8 宮﨑 真悟さん「重要だと思ったことは人脈でした」|カナダワーホリを超えて30代になった今

People. 8 宮﨑 真悟さん「重要だと思ったことは人脈でした」|カナダワーホリを超えて30代になった今

 キッカケはマレーシア・コタキナバルのゲストハウスで出会った数人の青年でした。インドネシア、フィリピン、ベルギー、フランスから来たルームメイトとご飯を食べている時に全員が自分の国から出て働いており、しかも全員年下にもかか

カナダの新学期、子供の安全どうする?携帯選びと機能のポイント|カナダのけーたい屋さんが教えてくれる“海外携帯電話事情”

カナダの新学期、子供の安全どうする?携帯選びと機能のポイント|カナダのけーたい屋さんが教えてくれる“海外携帯電話事情”

9月と言えば、新学期!今年は世の中が少し例年と違いますが、新学期を迎える子供を持つ家庭も多いと思います。カナダは比較的治安がいい国と言われていますが、外務省のHPによるとカナダの誘拐件数は年間約3000件。これは、日本の

People. 7 Atushi Ishiiさんさん「自分で動いて、人と繋がり、生の情報・経験を得る」|カナダワーホリを超えて30代になった今

People. 7 Atushi Ishiiさんさん「自分で動いて、人と繋がり、生の情報・経験を得る」|カナダワーホリを超えて30代になった今

 トータル2年弱のトロント生活は、自分の価値観を大きく変え、自らの価値を高めるために大事な時間だったと自信をもって言えます。  大学で建築を専攻し、新卒で公務員になり、一級建築士を取得して順風満帆な日常を過ごしていた27

1 2 3 7