「自動車メーカーからサッポロビールへの転職」渋谷幸太朗さん(トロント歴4年・サッポログループ・Sleeman Breweries勤務)|私のターニングポイント第2回

「自動車メーカーからサッポロビールへの転職」渋谷幸太朗さん(トロント歴4年・サッポログループ・Sleeman Breweries勤務)|私のターニングポイント第2回

 大手自動車メーカーで3年間がむしゃらに働くものの達成感や感動を感じることができない自分に嫌悪感を抱き、自分がどうありたいかと真剣に向き合い始めた渋谷さん。突き詰めた結果、たどり着いたキーワードは「ビール」。2017年か

【新連載】私のターニングポイント「初めての転勤」高橋秀卓さん (北米駐在歴12年・大手損害保険会社勤務)

【新連載】私のターニングポイント「初めての転勤」高橋秀卓さん (北米駐在歴12年・大手損害保険会社勤務)

 北米駐在歴10年を超える高橋さんだが、人生の分岐点は「初めての転勤」だという。花形部署での挫折、落胆と安堵感を抱えて再出発した支社時代、そこでの充実した日々によって取り戻した人生の目標。ニューヨークへの海外留学制度をき

第45回トロント国際映画祭 『すばらしき世界』(英題:Under The Open Sky)西川美和監督インタビュー

第45回トロント国際映画祭 『すばらしき世界』(英題:Under The Open Sky)西川美和監督インタビュー

 例年に比べてトロント国際映画祭の開催規模が大幅に縮小される中、厳選された長編映画50作品の中に、日本映画からは2作品が選出された。そのうちの1本である『すばらしき世界』の監督・脚本を務めた西川美和監督に、お話を伺った。

大人気マンガ家 安野モヨコさん『ハッピーマニア』『さくらん』『働きマン』など多くの作品がドラマ化や映画化

大人気マンガ家 安野モヨコさん『ハッピーマニア』『さくらん』『働きマン』など多くの作品がドラマ化や映画化

『さくらん』や『働きマン』など多くの作品がドラマ化や映画化。 数多くのヒット作を生み出している大人気マンガ家 安野モヨコさん インタビュー 『ハッピーマニア』をはじめとして、『さくらん』や『働きマン』など、ドラマ化や映画

2006年にBLマンガ「ショーが跳ねたら逢いましょう」でデビュー、 現在では少女誌から青年誌まで幅広い活躍を見せている注目の作家 えすとえむさん インタビュー

2006年にBLマンガ「ショーが跳ねたら逢いましょう」でデビュー、 現在では少女誌から青年誌まで幅広い活躍を見せている注目の作家 えすとえむさん インタビュー

2006年にBL作品「ショーが跳ねたら逢いましょう」でデビューを飾り、そのスタイリッシュな画風と情緒豊かな内容から人気を博しているマンガ家・えすとえむ。 デビュー後、フィール・ヤング(祥伝社)で連載された「うどんの女」は