オンタリオ州で小売販売を公開市場に移行の動き|カナダから見るマリファナ合法化のあと

オンタリオ州で小売販売を公開市場に移行の動き|カナダから見るマリファナ合法化のあと

カナダの大麻事情 オンタリオ州、「大麻ラウンジ」承認となるか  オンタリオ州のレストランやバーで、大麻入り飲料や大麻入り食品を注文できる日はそう遠くない未来なのかもしれない。2月10日、オンタリオ州政府は、これまで懸念さ

2020年、大麻企業は更に資本危機に直面することに|カナダから見るマリファナ合法化のあと

2020年、大麻企業は更に資本危機に直面することに|カナダから見るマリファナ合法化のあと

カナダの大麻事情① ケベック州、大麻購入の法定年齢を21歳に引き上げる大麻法を可決  世界中の国が大麻合法化へと舵を切っている中、ケベック州は後ろ向きの姿勢を見せている。去年7月24日、ケベック州政府はキャンディー、デザ

人口の高齢化に伴い、認知症・がんなどにおける医療大麻の効能に期待|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

人口の高齢化に伴い、認知症・がんなどにおける医療大麻の効能に期待|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

ハーバード大学研究者が転移性膵臓がん治療の可能性を発表  今年7月、ハーバード大学の研究者はFBL-03Gと呼ばれる大麻フラボノイドが膵臓がん腫瘍を殺すことができることを発見した。研究チームは膵臓がんのマウスを対象とした

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

カナダ人も知らない(かもしれない!?)カナダの秘密を一挙公開!!

迫る2020年米国大統領選挙 民主党指名争いを繰り広げる候補者たちの大麻合法化におけるスタンスは?|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

 22020年米国大統領選挙の最初の予備選挙まで残り約半年。大麻はかつてリベラルのみが支持する者だったが、この4年で米国の大麻に対する認識は大きく変化した。それは候補者の大多数が大麻合法化を推進していることからも明らかだ

合法大麻産業に見え隠れする人種差別的なカナダの一面を考察|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

合法大麻産業に見え隠れする人種差別的なカナダの一面を考察|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

 非医療用大麻がカナダで合法化されて一年。大麻は資本主義社会の規範のように、社会的不名誉で危険な「薬物」から、富裕層の白人カナダ人が関与していると称賛される商品へと大きく変化を遂げた。  「カナダの大きな不公平の1つは、

マリファナ違法店舗と警察による取り締まりバトル|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

マリファナ違法店舗と警察による取り締まりバトル|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

 昨年10月の合法化以来、合法販売店の数は増えつつある。しかし、その裏では政府からの販売許可が降りないまま営業を続けている違法店舗も数多く存在する。 購入者の間でも店舗は人気  ショップが許可されるか否かは財務や店舗スペ

数字で見る大麻合法化|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

数字で見る大麻合法化|特集「カナダ大麻合法化」から1年が経過して分かったこと

 カナダ政府は向こう5年の大麻に関する教育や意識を高めるための活動におよそ4600万カナダドル(およそ37億円)もの資金を投じたと発表。昨年の大麻の合法化に伴い、政府がいかに大麻に対する国民の意識、そして使用する際の責任