VANJA

カナダ・バンクーバーと日本の架け橋となる、日本語情報サイト

バンクーバーで日本のコスメを!

カナダに長期滞在をする際に女性にとって心配なのがお肌!特に日本人の肌は外国の人に比べて繊細なのか、外国のコスメを使って肌荒れを起こす人が少なくない。私の肌は皮膚科からもとても繊細で肌荒れしやすいから・・・といわれて、通常使っているコスメ以外を使うことは勇気が必要で、かなり躊躇してしまう。そのためカナダに来る前は万全の準備を!ということで日本で使っている化粧品を1年間分準備をいて持ち込んだぐらい!それでも足りなくなったものもあり、カナダでしぶしぶ化粧品(朝用の乳液)を購入。お店の人に相談をしまくり、そしてサンプルまで頂いて慎重に慎重を重ねて購入。お陰で今のところ肌には影響は無い。もっとも乳液以外はすべて日本の化粧品であるからかもしれない。肌を専門にしている友人いわく、すべてをいっぺんに買えずに少しずつ試して自分の肌が大丈夫な物を見つけていくことが一番の近道らしい。

とは言っても、私のように少し長めの滞在になるとそのような労力も厭わないけれど、1年間ぐらいであれば日本の化粧品を買ったほうがストレスが少ないような気がする。そこでバンクーバーでは幸いにも日本の化粧品などが簡単に手に入る。これは先日書いた、日本人にとってバンクーバーが住み易く、違和感を感じないところの1つだといえる。

ロブソン通りにある“コンビニ屋”。

まず、バンクーバーに住む日本人なら一度は耳にした、目にした、訪問したことがあるダウンタウン、ロブソン通りにある“コンビニ屋”。
http://konbiniya.com/new_items_ja.php
日本のコスメなどのラインナップも豊富!
バンクーバーで日本のコスメを! | VANJA

コンビニ屋に行けば日本の物が手に入るということで有名でオープン27年という老舗。社長が日本のポッキーが大好きでそれをバンクーバーでも食べたい!と思ったのがオープンした理由という話を聞いたことがあるが真偽のほどは???

中華系のスーパーマーケット T&T

バンクーバーで日本のコスメを! | VANJA

https://www.tnt-supermarket.com/bc/#home
こちらも25年以上続く老舗。スタートはメトロタウンから(https://www.tnt-supermarket.com/bc/about-us/#media-room)。現在ではアルバータとオンタリオにもお店がある。

こちらもバンクーバーに住む日本の人には強い見方!
https://www.tnt-supermarket.com/bc/health-and-beauty/#beauty-promotions
このほかにもバンクーバーからスカイとレインで30分ほどのところにある中華系の人が多く住むリッチモンドには日本の物を取り扱うお店がまだまだある。日本のコスメもバンクーバーにいながら購入ができるし、日本の食材で日本食が作れるのは日本人の私たちにはありがたいことだ。

Return Top