VANJA

カナダ・バンクーバーと日本の架け橋となる、日本語情報サイト

バンクーバーとトロント

バンクーバーとトロント、よく比較されるカナダの第二都市である。

西のバンクーバー、東のトロント。
どちらも甲乙付けがたい、これが結論。

住み心地

多くの人の判断材料としては雨が我慢できるか(バンクーバーは別名レインクーバーと呼ばれるほど、冬(10月~4月)は雨の日が多い)、寒さに耐えられるか(トロントは寒い)ということで最終的に決める人も少なくない。生活するうえではとても大切なことである。私の視点は他にもあり、バンクーバーはアジア人にとっては全く違和感の無い都市のように感じる。日本人としては違和感を感じることなく過ごせる。外国にいるけれど、ずっとそこにいたかのように感じるぐらい居心地が良い。それはアジア人が多いからなのか、バンクーバーにいる人の受け皿が広いからなのか、その答えは見出せていない。

言葉

言葉の面でも日本人の発音になれているからか、トロントに比べては苦労も少ないかもしれない。逆にトロントはというと、バンクーバーに比べては外国にいると実感する。これはあくまで私の感じ方だけれど、トロントはヨーロッパ系、ラテンアメリカ系、アフリカ系が多いということも関係しているのだろうか。英語の面では日本人の発音に慣れていないのか、苦戦することが多々ある。カナダ人は聞き取ってくれるけれど、英語ネイティブの人以外と話すときは通じないことが多々あり、発音の大切さを実感させられる。

アクティビティ

最後はアクティビティ。バンクーバーにいると手軽にアウトドアを楽しむことができる。海も山も近くにあるので、ちょっとしたハイキング(Lynn valley等)もバスで行ける。トロントはオンタリオ湖が近くにあるけれど、海まで遠い。そして山もあるけれど、車がないといけない、もしくはかなり不便。手軽にアウトドアなどのアクティビティなど楽しみたいなと思う人はバンクーバーは良い選択肢かもしれない(ダウンタウンはコンパクトにまとまっていて飽きるかもしれないけれど)。トロントはダウンタウンが大きく、夜のアクティビティが充実しているのでナイトライフなどを楽しみたい人には良いところかもしれない。

カナダは広くまだまだいろんな都市があるので、自分にあった都市との相性が良いことが一番!

English Bay: ダウンタウンの端に位置する。私の大好きな場所の1つ
バンクーバーとトロント | VANJA

English Bay の近くにあるオブジェクト。何の意味があるのかは不明
バンクーバーとトロント | VANJA

English Bayの観光名所のひとつ
バンクーバーとトロント | VANJA

English Bayからグランビルアイランドが遠く見える
バンクーバーとトロント | VANJA

Return Top